「やっぱりちょっとなまはげ」


いい大人が鬼に扮装して子供を脅し、良い子にしようとする大胆な大人げなさ!どこの家庭でも多少はそういう方法で教育することもあるでしょうが、大々的に地域ぐるみでやっちゃうあたり、とっても大人げなくていいなと思ってました。
と、いうわけで男鹿半島なまはげ館に寄ってきました。展示を見てみると予想以上に奥が深く、謎めいていて一気になまはげワールドに突入!

そもそも僕が今までなまはげと思っていた一般的なあの赤と青の鬼のようなのは、なまはげの中のほんのほんの一部のもので、多種多様な見たこともないなまはげがずらーーーっと展示されてます。
えっ?、、これがなまはげなん??全然違うやん。
と、思い調べてみると、男鹿半島の中でも地域ごとに見た目の全く異なるなまはげが使われているようで、中にはツノがなく人間ぽいものもあり、その地域ではなまはげは鬼ではなく神として崇められているとか。地域によってここまで扱いが違うのも不思議です。
同じ男鹿半島なのになまはげの行事を行わない地域もあります。その地域では子供好きの神様が一度なまはげをこらしめたことがあるとかで、それからはその地域ではなまはげの行事を廃止したんだそうです。この地域での差が何だか歴史を感じさせます。きっと時間の流れとともに地域ごとに差が生まれたんでしょう。

なまはげの行事が何故行われるようになったか、これも説がたくさんありハッキリしていないようです。
何かしら得体のしれない存在がやって来て襲われたというところからきているようですが、行事の歴史は古いのに資料はほとんど無いに等しいらしく、地元の人もなんでやってるのかよくわからないようで、この辺も想像力をかきたてられます。
とりあえず男鹿半島で出会った人になまはげの由来を聞いてみましたが「んー、、なんでやろなあぁぁ。」というご返答。でも僕も地元の祭りの由来なんて知らんしなー。そんなもんかもな。
なんでも中国の武帝が五匹の鬼を連れてやってきたとか、山にもともと住んでいた鬼が里に降りて悪さをしたとか、修験者が来て不思議な術を使ったとか、異国の船が難破し異国人が里に盗みをしに来たとか、色々説があるようです。なんだかワクワクします。
で、襲いにきたその鬼か何かを、騙して追い返したので、仕返しや祟りを恐れて鬼に扮した村人にご馳走を振る舞う行事を行い怒りをしずめてもらおうとしたのが始まり(という一説もある)とか。んで、、それがいつのまにか子供を脅してしつけるみたいな行事んなったってこと???……やっぱ大人げないやん。

なまはげという呼び名は「生身剥」からきているとか。「生身」は怠け者のしるし。それを剥ぎにくる、という意味だそう。生ハゲじゃなかったんか…

スポンサーサイト

秋田県八峰市 御所の台キャンプ場(ハタハタ館の隣)

今日も男鹿半島を抜けるまで苦行コース。そのあと、日本最大規模の干拓地八郎潟をまっすぐ北へ抜けてみた。道路脇に背の高い草が途切れることなく終始視界をさえぎっているので、全く景色見えず。。。道はおそろしくまっすぐで終わりも見えず、景色もない中ただ延々とペダルをこぐだけ。
もうちょっと、なんかこー、壮大な景色を期待しててんけど……ただのまっすぐな道やん。なんも見えんわ。。
おかげでスムーズには進んだけど。

そんなこんなで今日は特に何もなく終了。男鹿半島疲れがきついなー。鬼やな、男鹿。なまはげやしな。

このキャンプ場は素晴らしい。また居着きたくなる。キャンプ場はきれいでコインランドリーもあり、隣には300円で温泉もある。道の駅に併設されているので食べ物もふんだんにある。
1100円で多少高い。

今日の走行距離 90km
総走行距離 892km

国道101で北進。八郎潟だけ地方道42。
基本的に道は狭いがそこそこ走りやすい。

秋田県男鹿半島 男鹿桜島キャンプ場

山形から秋田入りしました。そして秋田市街を抜けて男鹿半島へ。
昨日まで男鹿半島はスルーして、八郎潟を抜けて北へ向かうつもりでした。ただ何となくなまはげが好きなんで、なまはげを見るために路線変更。西へ向かう。

男鹿半島の入口に巨大なまはげ。ガンダムF91くらいのサイズ。ハタハタ丼とか、ワカメ昆布ソフトとか食べたけど省略。なまはげでテンションアップ。

男鹿半島に入ると「こんにちは!」と挨拶しながらマウンテンバイクに乗ったおじさんが並走してきました。
飲食店の店長さんらしく人懐こい笑顔で話しかけてきます。ご自身も自転車で旅するのが好きだそうで、信号で僕が走っているのを見て嬉しくなって追いかけてきたそうです。
結局20分くらい一緒に走りながら話をしました。話していると僕がショートカットしようと思っていた半島の先端にある入道崎というところがイチオシだそうで、ぜひ行った方がいいと言います。地元の人がそんなにいいと言うなら行ってみようかと話していると付き添いますよと言ってくれます。僕の行くキャンプ場は海沿いにだいぶ南に離れてるんで入道崎のあとそっちに向かいますよーと言うと、やっぱりコース変更して逆の山を登りに行ってきます!と言って入道崎に向かう途中の交差点でお別れしました。別れ際「頑張ってくださいね!」と笑顔で手をふって見送ってくれましたが、、?おっちゃん一緒に行くって言ってたんになんで急にコース変えたん?

と思いましたがとりあえず夕暮れ前にキャンプ場に着かないとあとがつらいし、と教えたもらった道を行くと割合楽に入道崎に到着。さすがに地元の人がおすだけあって絶景です!ホントにきれいなんで、アホみたいにぽけーーっと30分ほど景色に見入ってしまいました。来て良かったなぁ、地元の人の話は聞くもんやなーと思いつつ、いいもん見たし、さ、キャンプ場に向かおうと思って自転車をこぎ出すと、坂です。けっこうな坂です。やった!登りきった!と下っていくと、また同じぐらいかそれ以上の坂がででーんと出ます。今度こそ登りきった!と下っていくと、また……を何回繰り返したのか。。。僕は坂はそこまで嫌いじゃないですが、それでも思わず笑ってしまう、というか笑うしかないくらいひどい坂の連続です。「もっと平らにつくれやっ!」と思わず独り言を言ってしまうくらい坂ばっかです。笑えます。
絶景付きのトレーニングになるから一石二鳥じゃんと考えられる人にはいいかもしれません。
もう明日以降の余力を残すとか無理です。限界です。隣がホテルだから着けば何かしら食い物はあるやろうと思ったのも甘かったです。べらぼうに高いので買えません。とりあえず2日前に買った納豆とパスタがあったので真っ暗な中茹でて納豆パスタをがっつきます。もう食いもんがあればなんでも食えるわ!うまい!
男鹿半島、ちょっと行ってみようかーと軽いノリで脚を伸ばしてみましたが、ちょっとどころじゃなかった電波もないし。きつすぎるわ。
もしかしてあのおじさん、自分がこのコース通るって言ったから急に逆方向に行くよって言いだしたんじゃないのか……入道崎行ったあとに南のキャンプ場に行きますよって言ったらちょっとびっくりした顔してたし。。。
でも入道崎はほんとに良かったです。

とっても良いところなんですけど、男鹿半島。なまはげもあるし。好きなんですけど。でも自転車で入道崎から南へ海岸沿いをまわるコースは厳しいです。きっと忘れられない場所になるでしょう。

ホントは僕の好きななまはげの話を書いておきたかったけど。
ま、いいわ。なまはげは奥が深いですよ。男鹿半島に来たらぜひなまはげ館へ!


今日のキャンプ場はぼちぼちいい。てゆーか最初のキャンプ場と比べたら全部いい気がする。。隣にあるホテルの露天風呂温泉がとても良い。ただ800円で高い。
実はさらに南に地図に載ってない無料のシャワー付きキャンプ場があったことが後日判明。。

今日の走行距離 119km
総走行距離 802km

本荘から国道7で秋田駅まで出て、秋田市街を抜けて海沿いに自転車道があるのでこれを走る。スピードは出せないがとても快適、車に悩まされずにすむ。その後国道101に合流。男鹿半島に入ってからは、なまはげラインを突っ切って入道崎へ。このあと反時計回りで海沿いを南へ向かうが、これがあり得ないぐらい厳しいアップダウンの連続。

明日体動くんかなあ。

(7月30日の内容)

山形県由利本荘市 本荘マリーナキャンプ場

今日も暑かった!でも北に向かってるから徐々に気温は下がってるかな。

ババヘラアイス!以前秋田に行ったときに食べたことがあったけど、地元の人達の間ではすごい有名なものみたい。秋田といえばババヘラみたいな?おババがヘラでアイスを盛り付けるからババヘラ、らしいです。正式名称かどうかすらわかりませんが。確かに売ってる人は中年の女性やおばあちゃんばかり。小さなパラソルの下でポツンとおばちゃんがアイスの容器とともに座っています。
そのババヘラが山形にも進出してました。暑かったし1kmおきに3人ぐらい現れたので、もう暑いし久々に食べてみよと思ってババヘラ休憩。
アイス食べながらおばちゃんと話すと、ババヘラはやっぱり秋田のもので、秋田からバスにおばちゃん達を乗せて駐車場などのポイントポイントで1人ずつ降ろされ、迎えがくるまでは全く動けず小さいパラソルの下で一日中炎天下に耐えるのだとか。そのことを話してるおばちゃんの顔はちょっとしんどそうでした。がんばっておばちゃん。
で、これから自転車で北海道に行きますと言うと「親御さん心配してるでしょう、まぁ若いうちだけやから、今のうちに思いっきり好きなことやっとき」と言われ、別れぎわ「でも気ぃつけて行ってね」と言う表情を見てなんとなく母親に言われてる気がした。

そいえばキャンプ場で今隣にテント張ってるおじさんが「山形は梅雨開けたのつい2・3日前でまだ夏んなったばっかや」って言ってたなー。出発する時期ちょうど良かったかもしんない。

今日のキャンプ場は500円でめちゃくちゃきれい!!コインランドリーもシャワーもあってそれぞれ100円!一週間ぐらいいたいかも。

今日の走行距離 130km
総走行距離 676km

今日は勝木から国道7で、バイパス部分だけ県道等使って本荘まで。割合走りやすかった。

新潟県勝木 碁石海岸キャンプ場

暑い、暑すぎる。そして脚も疲労でぷるってるので今日は80km程で終了。
勝木というところの碁石海水浴場に併設されているキャンプ場に来ました。本来はオートキャンプ場で一泊3000円とか4000円とからしいけど自転車なので800円にしてくれました。おじさんありがとう。
けっこう人がいて、みんな海水浴楽しそうなので僕も真似して入ってみた。泳げないけどそれなりに楽しかった。気がする。

海水浴場のすぐ近くにユリの花温泉というのがあったので久々の湯舟につかりに行く!やっぱいいわ~湯舟(350円)。
シャンプーもボディソープも使い放題や!!地元のおじいちゃんおばあちゃんがいっぱい!露天風呂もあります!
はー…

夕日を見ながらご飯食べてたら、地元の人達がわらわら集まってきて海の家の席が急に満席に!ダンボール敷いて座る人までいます。何だろうと思ってたら、バンドの楽器がセットされ演奏開始。聞けば1年に1回7月末に1日のみやっているイベントだそうで、僕はたまたまその日にこの海岸に来たようです。奇遇です。
クラプトン、しんみりきましたティアーズインヘブン。
演奏はまだ続いてるけど僕は寝ます。おっ、お店で売ってる打ち上げ花火の音もする。夏やなあ~。

ん~、今度は美空ひばりかー、懐かしいなあ。



今日の走行距離 83km
総走行距離 545km

今日はほとんどが日本海沿いの国道345。とても走りやすかったです!いつもこんなだと自転車旅も楽なんだけどなあ。
プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
生:1978年
身長:168cm
体重:57〜62kgを随時変動
なわばり:神奈川 (地元は石川)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
259位
アクセスランキングを見る>>