「京都出発」滋賀県大津市 近江舞子浜水泳場にて

今日もゆっくり出発。宿で準備を済ませたあと新聞読んだりして11時に自転車で出発しようとするとパンクしてたので、修理して予備のチューブを昨日の自転車屋さんに買い足しに行って、結局京都を出るのが12時に。今日は琵琶湖に着ければイイかなという感じです。

京都から東に向かうと比叡山の南辺りを抜ける峠越えです。
市街地を抜けると細い峠道。紅葉がキレイです。
峠の上りに入った途端、気分が高揚して楽しくなってきます。やっぱこーでないと。ふふ…楽しい。上り好きや。

紅葉の中、上って行きます。
峠頂上。ここから比叡山に向かう有料道路の入口がある。
もう終わりかー。下りはなー……さみぃーからキライ。。。
………さ、さみぃーーっ!うひぃーー!上りで汗かいてるからなおさら寒い。でもまだ指なしグローブで走ってるから極寒でもないか。しかし天気予報ではあさって辺り琵琶湖にも寒波が押し寄せて場所によっては氷点下になるかもしれないとか出てたな……うぅっ、考えただけでブルっとくるっス。。

峠を下るとそこは琵琶湖。
相変わらずデケーな。
琵琶湖沿いの平坦コースをシャカシャカ進むとキャンプ場の看板があったので、テントが張れるかどーか確認しに行きます。
琵琶湖のすぐ横に別の湖があった。
キャンプ場の方はしまっていてひと気はないんですが、管理人さんはいるらしくトイレを今日掃除した痕跡があり、しかもあちこちに一張り2500円の看板があって怖くなったので逃げてきました。…な…なんや……?2500円て…?高い…今1000円しか持っとらんし。管理人さんに金払えとか言われたら、困る。。と、琵琶湖と反対側を見るとそこにも湖があり、その周りにも公園みたいな広場が。
…こっちにテント張ろ。。

明日はとりあえず琵琶湖の反対側まで行こうかな。でも予報では明日雨なんやよな。お日様が見たいっ!!




今日のぷる男度。
最近おてんと様が出ません。

京都市→地方道30→国道161→県道558→県道307→近江舞子浜水泳場。

今日の走行距離 58km
総走行距離 8325km
スポンサーサイト

「感じます、感じます、歴史を感じます」京都府京都市 東横インにて

知恩院。
京都はホントに見だすといくら時間があっても足りないっスね。綺麗な景色も沢山あるし、歴史の深い街なので史跡も沢山あります。前回南に向かう途中京都に寄ったときは、歴史に興味なかったんで綺麗なトコ見てフーンって感じだったんですけど、最近興味を持つようになったらまた行きたい所が増えちゃいました。
龍馬さん、ココにもおるね。
こないだ高知で本を買って読んでた坂本龍馬さんの銅像がココにもあるっス(高知にも二つあった)。日本全国駆け回ってた人やし人気もんやしなー。
前回来た時に撮った写真。有料だから入んなかったんだよね…入っときゃよかったな。
龍馬さんが襲撃を受けた寺田屋も観光できるよう残されてるっス。
目で見て耳で聞いてという体の五感に、時間の流れの意識が加わると、物の見え方がえらく変わるもんやなあ。見てる景色はおんなじでも自分の中の意識や視点が変わると、つまんなかった史跡なんかも自分からホクホク見に行っちゃったりして……目の前の景色に一つ一つ背景や物語があると思うと、楽しい。父親が骨董品見るのもこういう感覚なんやろうか。
物の価値というのはただ目に映る美しさというだけではないようです。




八坂神社。100円入れてガランガランして交通安全祈願してきました。
嵐山。あいにくと今日もどんより曇り空。
気持ちよさそう。黄もみじ。
赤もみじ。

円山公園。日ぃ暮れてきた…
どっぷりと日が暮れた四条通。
宿に戻ろう。今日はたまった宿の会員カードのポイントで、なんと0円で宿泊!
おー、ファンタジーック。
ラッキー。

明日どういうルートで進もう。とりあえず琵琶湖に出ようか。



まけてくれた。
タイヤがボロボロで不安なんで、途中ネットで自転車屋さん調べて買ってきた。予備のタイヤ。なんと!1500円!まけてくれたっ!(確か定価で2.3000円したと思うけど…)ちなみに今前輪に付けてるのは5000円くらいする。ビバ!お店のおっちゃん!




今日のぷる男度。
京都ぷらぷら。

今日の走行距離 27km
総走行距離 8267km

「やっぱり京都に寄りたくなるのよね。」京都府京都市 東横インにて

泊まっていたホテル「リーガロイヤルホテル」。すごかった…しかもチェックアウトが11時!もちろん出発はギリギリまで満喫して11時。

出発するかぁ。
……いやー、すごかったなー。。
桂川沿いに走る快適自転車道。車を気にせずにのんびり走る。
すっかり気が抜けたというか、、あんな素敵なホテルに泊まるともう出発したくなくなるなあ。。

京都まではそんなに距離はないので、3時頃に到着。前回京都に来た時にテントを張ろうと思って断念した経緯があるので、今回はもうさらさらテント張る気ナシ。実は出発前から5・6件ビジネスホテルに電話で空室がないか確認してましたが、、、ないんですねぇ。今京都は紅葉時期でどこも人がいっぱいのようです。到着してからも確認を続けるとキャンセルが1部屋出たのでそこに決定!

おー。
自転車で宿に向かう途中、東寺へ。
なるほど綺麗な紅葉。もう少し散り始めていますが、まだ紅葉見れそうっス。
五重の塔。
明日少し紅葉の京都を見てみようと思いますが、人の多さと天気が心配。




今日のぷる男度。
昨日のホテルがすごすぎて、なんとなくぼーっとしてる。

大阪市→国道1→地方道13→桂川の自転車道→京都市。

今日の走行距離 62km
総走行距離 8240km

「ビバビュッフェ!!」大阪府中之島 リーガロイヤルホテルにて

出発早々和歌山市で出会った。以前僕が鹿児島で偶然出会ったチャリダー・逸見さんをツイッターを見ながら追いかけているとのこと。もしかして僕が逸見さんなんじゃないかと呼びとめられた。彼も(名前聞くの忘れたなぁ…)旅が好きで色んな所へ飛び回っておられるようです!逸見さんとは会えたんやろか。。


体が完全回復!!しかし今日は大阪ゴールで距離は短め。しかもほとんどド平坦コース。なので、その分運動強度を高めにして体に刺激を入れます。
前半に標高100mくらいの峠をのんびり越え体があったまってきたところで、(心拍計ないんでハッキリわかんないっスけど)体感で最大心拍数の85%ぐらいの強度で30分程回し脚がいい具合にぷるってきたら、あとは100~107回転(この辺が今普段使いできるギリギリの回転数)の間で回転数を維持してクルクル1時間回します。その辺で大阪に入り交通量が増えてきたので、あとは1時間ゆる~~~~っと流して中之島のホテルへ。


ホテルの部屋から大阪の景色。
次にいつ大阪に来れるか分からないので、このホテルに泊まってみようと思いやってきました!幼なじみのまゆみちゃんがこの「リーガロイヤルホテル」に勤めているので、親戚扱いで(とても)安くしてもらっております(ホントにありがとう)。。僕はホテルはあまり詳しくありませんが、入った途端(というかホテルの前に自転車で来た時点でちょっとビビった)もう異世界っス。
ラウンジでのんびりコーヒー片手に新聞。何様ねんて。
照明もオシャレや!
ホテル内にショッピングモールがある……
夜ご飯をココで幼なじみと一緒にいただきました。豪華ビュッフェ。お、、おいしい物が好きなだけ食べれる……くっ。。ビバビュッフェ!!野菜がすごく美味しい上に、すごい種類!!ソースやドレッシングも10種類以上並んでいる!(僕はバーニャカウダが好き)あとジャガイモパンというのがうんまい。。もちろん野菜を食べれるだけ食べといた。ビバビュッフェ!!

そして幼なじみのまゆみちゃんと記念写真!(後ろのクマはホテルの77周年の記念キャラクター。)ホントに色々ありがとう。宣伝しときます。
みなさん!大阪におこしの際はぜひ「リーガロイヤルホテル」を!!!
ビバビュッフェ!!
(ビュッフェ以外にもレストランや和食のお店も入ってます。)
明日の朝もー?
ビバビュッフェ!!
(暗殺されそうやな……)




今日のぷる男度。
距離が短いのでちょっと強度高めで刺激を入れて、程よく脚がガクガク。ホテルに驚愕、ビバビュッフェ!!

和歌山市→国道26→県道204→国道26→大阪市 中之島(リーガロイヤルホテル)。

今日の走行距離 78km
総走行距離 8178km

「一ヶ月半ぶりの本州!」和歌山県和歌山市 東横インにて

馴染んでおります。テントが何処にあるかわかるかなー?
朝、6時頃一旦起床。
さっ、さむっ!!うぅっ……寝袋に入っていてもブルルっと震える。。四国カルストよりは若干楽だけど、あんま寝れてない。しかし徐々にお日様がテントを照らし出すとテント内が暖められ、、二度寝……


「……ぽんぽんぽん♪ターヌキがぽん♪ぽんぽんぽん♪みーんなでぽん♪……♪」
……(何処からともなくタヌキの歌が合唱で聞こえてくる)
?何??この歌。
……!!気が付けば10時になっておりました。この公園、日中もほとんどひと気がなく、広くて綺麗でとても快適。それに今日はお昼のフェリーまでのんびりしようと思ってたので、気が緩んでスッカリ爆睡。
どうも近くで何かイベントをやってるらしく、生演奏で皆がタヌキの歌を歌っている様子。
とりあえず着替えてテントを畳み、荷物を自転車に積んで鍵をかけ、歩いてイベントの方に行ってみます。
あっ!タヌキやっ。ちっちゃいお祭りみたいなんやってる。
誘導の人に聞くと、なんでもこの辺りの物産展みたいなイベントだそう(でも結構関係ない物もたくさん出てる)。
おかのあやさんて呼ばれてた。
仮説ステージでは歌のお姉さんが「幸せなら手を叩こう」を熱唱!アニメ声や!!
イベントを通り抜けて、町をプラプラ歩き回ってみると、町中にタヌキがいっぱい。
木登りタヌキ。担ぎタヌキ。親子タヌキ。
しかしこのタヌキ……
いやーぁ、なんやったっけコレ?
……
…………
ドーーーーン。
アナタの心のスキマお埋めします(喪黒福造さん!?)。シュールや、何故郵便局にこんなシュールなタヌキが…オーーーッホッホッホッホ!!
やっぱり店名もタヌキ。
その名も「金長だぬき郵便局」。タヌキの町かー、イベントで買ったおにぎりが気が付くと葉っぱに!?

ドーーーーーーンっ。




自転車をとりに公園に戻ると、子猫の鳴き声。
…ちっちゃ。
僕が近づいて行くと茂みに入り隠れてしまいました。
……
でも、君……隠れきれてないから。
魚肉ソーセージをチラつかせて、写真を撮らせてもらう。
ブルーアイズ。
……はよよこせやソレ。
すごい勢いで食ってたなー。親猫どーしたんやろ。またねー。

そして10km程走って徳島市のフェリー乗り場へ。いよいよ四国ともお別れです!この旅でフェリーに乗るのもこれで最後。

何故か萌えキャラ。
なんで?なんで??なんでなん?





あー、ついに戻ってきたー。
そして本州上陸っ!!そのまま自転車を走らせ(すぐ近く)なんとなく和歌山城へ。
紅葉と夕陽で燃える和歌山城。
今日は和歌山市で宿に一泊!(都会数珠つなぎコースにいる間しばらく宿っス。)
和歌山城から和歌山市を眺める。





今日のぷる男度。
今日はフェリー移動でほとんど走ってないので楽チン。

小松島→県道120→(南海フェリー)和歌山港→和歌山市。

今日の走行距離 18km
総走行距離 8100km

「四国ラストラン!」徳島県小松島 しおかぜ公園にて

昨日は結局あの後、寝床を求めて3時間ほど宍喰の町をプラプラ一周しましたが、もはや寝床になりそうな場所は完全なる闇に覆われて何も見えず、足を踏み入れることもできませんでした(神社とか、海沿いとか。暗過ぎる。)。。途方にくれているうちに、なんとなく最初にいた道の駅に戻り、ホットの缶コーヒーを買って寒さをしのぎながら困っていると、、、
体育館の電気が消えたっ!?
………………い、いける??
少し時間を置いてから様子を見に行くと、
!人いないっ!
もぅっスパーーンっっ!!とテント張って、ズバーーーンっっ!!と荷物を放り込んで、デローーンっっと朝まで眠りました。

そして朝6時、目を覚ますと快晴~!ああ~、やっぱり晴れると気持ちいいぃ!
朝日。

前半は峠コース!
うぉっふぉっふぉっふぉ。
車のほとんど来ない静かな峠道を淡々と上っていきます。僕の大好物や。大好き、こういうコース。幸せ。
高台から。
しかし、腹減ったなー。食料昨日の夜全部食い尽くしちゃったんだよなぁ。でもご飯食べれるお店なんてどこまで行ってもなんにもないし、、、それどころか住宅の一軒すらないし。それ以前に朝から1人も人間に会ってないし。
…お腹減った。
そいえば黒ちゃんのブログに途中ご飯食べれるお店あるとか書いてあったような(多分)。地図に出てるイザリカフェってやつかな??

で、行ってみました。
何故こんなところに!?
周りを山に囲まれた小さな小さな漁村にポツリと存在するオシャレなご飯屋さん。こんなトコに人なんて来るんか????と、思って入ってみると、ほぼ満員………どっから出てきたんや、、この人ら。。すげー。多分このお店に来るためだけに山を越えて来てるんやよな。どんだけウマイんやこの店。
900円。
ウマっ!!なんやこれ、刺身ウマっ!?ご飯おかわりくださーい!!
こんな峠の真っ只中でこんな豪華な物食べれるなんて…若干罪悪感すら感じる。。ごちそうさまです!
カップルがきゃぴきゃぴしてた。
お店を出ると、目の前は漁港。きゃぴきゃぴしてるカップルを横目に再び峠に向かうっス!
真ん中のちっちゃい集落がさっきまでいた漁港。
峠を上っていると、さっきのカップルがやっぱりきゃぴきゃぴしながら車で追い越していった。
いいなー、、何て言うんだっけあれ。あの、きゃぴきゃぴするやつ。
…………でっ?
んー、、、……?
でーー、、、……???
!でーと。
あぁ、、懐かしい響き。。いいもん見せてもらった。今日は晴れだし、デートも見れたし、あとは寝床が見つかれば…
というわけで今日は早めに寝床探しっス。徳島市まで行ってしまうと都会すぎてテントを張れないので、手前の
小松島という所でウロウロしていると、

公園に5mくらいの巨大なタヌキが。
?郵便局の名前も「金長たぬき店」とか書いてある。地名がタヌキなんかな??
まぁ、寝床寝床。
海辺の公園にテント張れそうなんでココで寝るっス。

明日は徳島市からフェリーで和歌山に渡ろうかなあ。




今日のぷる男度。
上り下りが結構あったっス。あと向かい風もブンブン吹いてた。

宍喰の体育館→国道55→地方道25→地方道26→国道55→県道216→小松島・しおかぜ公園。

今日の走行距離 110km
総走行距離 8082km

「寝床を求めて放浪中…」徳島県宍喰 道の駅宍喰温泉にて

昨夜は風が強かった。

昨日は風が強く(雨も降ってた)テントがバッサンバッサンなって寝てもすぐに目が覚めてしまい、結局ほとんど眠れず。朝6時頃、風が落ち着き、それから爆睡。起きると11時になっておりました。。海の駅とろむを出発したのが12時。
雨はなんとかあがってましたが、今日もどんより。
引き続きどんより。
室戸岬を回って北に向かうと、雨…
パラパラと降ってきましたねー、、、
そして変速の調子も悪い。見てみるとシフトワイヤーが部分的に断裂。
雨宿りも兼ねてワイヤー交換しとくか…

しばらく行くと、ちょうど自販機コーナーみたいな休憩所があったのでココで休憩&修理。この辺ほとんどお店がないので自販機でカップラーメンを買ってお昼ご飯。この旅に出てからカップラーメンを初めて食べた。…たまに食べるとおいしいな。
修理も済ませて再び出発。

道の駅・宍喰温泉。
道の駅・宍喰温泉までやってきましたが、もうすでに4時。この先しばらく休める場所もなさそうやし、ここで夜を明かそうと思い、テントを張れる場所を探します。が、、張れるトコないなぁ。。なんて落ち着かん道の駅や。
隣に体育館があるなぁ。なんかカーテンとかボロボロやし、もう夜とか誰も使わんやろ!と思ってテントを軒下に設営。体もまだ回復してないし寝る気満々で中で着替えを済ますと、ゾロゾロと人がやって来て「何?このテント??お遍路さん?」とかコソコソ言ってる…………そして鍵を開けてみんな中へ。電気も煌々とつきます。。
…………
…………
…なんか夜間の空手教室みたいなのやってる。だめや。ココはもうとてもじゃないけど寝れない…(というか、僕の方が不法に占拠しとれんけどね……)移動しよ。。。
はぁ……

全部荷物を片付けて、テントも片付けて自転車に積み直し、、、現在放浪中。。。
どうしよ、弱ったなあ。




今日のぷる男度。
寝床どーしよ…

海の駅とろむ→国道55→道の駅宍喰温泉。

今日の走行距離 42km
総走行距離 7972km

「またね!!」高知県室戸 海の駅とろむにて

お互いの無事を祈って!
朝、チェックアウトギリギリまでホテルで休み、いよいよ黒ちゃんともお別れっス。ホテルの駐車場で記念写真!!
昨日は楽しかったなあ、飲みながら色々話ができてホント良かったわー!黒ちゃんが石川通る時、オレも実家の方におれればいいんやけどね。もしいたらまたその時にでも!

さてさて、またいつものように走りますか!カルストで体をガッツリ追い込んだので、またしばらく回復期に入るっス。これから今日いれて3日くらい(いつもこの期間は眠気がすごい。今日もずっと自転車をこぎながらもアクビ出っぱなし。)。今日は運良く平坦コースだし、距離も短めにして負担を軽めにしとこう。あと肉食おう。しかも寝床は以前通った場所なので、勝手も分かるし、割りと気楽に進めそうです。問題は天気っスね。今日はどんよりと曇りで夜から雨みたいっス。
どんより。
もう道も国道が一本あるのみで選択肢もないので、特に何も考えず目的地まで進みます。
人がいない。以前もここで寝たっス。
海の駅とろむに到着!お店の営業が終わるまで東屋のベンチで待ちます。……が、寒い…………鼻水が、、ぅうっ!さぶい。風がねー、冷たいのよねー。このテントを張れるまで待ってる時間がキツイなあ。ぅえーーい、、やっぱ早めに横浜帰るかなーぁ。自転車テント旅で冬はキツイなあ。もうテント張っていい??いいよね?張るよもぅ。
……熱いお風呂に入りたい。





今日のぷる男度。
カルストダメージ回復中。

高知市→国道32→国道55→海の駅とろむ。

今日の走行距離 83km
総走行距離 7930km

「黒ちゃんと高知市観光じゃき!」高知県高知市 ホテルサンアトラスにて

昨日は黒ちゃんと北海道以来で合流!同じビジネスホテルに宿泊。ご飯を食べたあと爆睡&2人で寝坊…起きた時にはチェックアウト寸前。。
……むぅ。。追い込んだ状態で布団で寝るのは危険や……(黒ちゃんは風邪気味、僕は峠越えの後でグッッッスリ…)
2人でこのままここに連泊する??と協議し始めましたが、今日は満室とのことで荷物だけ出してロビーでボーッとしていると、フロントの方がキャンセルが出たので喫煙でよければお取りできますが…とのこと!
オーィエス。プリーズプリーズ(3900円)。
荷物をその部屋に入れさせてもらって、とりあえず僕の洗濯物を洗いに近くのコインランドリーへ2人でテクテク歩いていきます。
「今日は…走らなくていいんやね。」
「そうやね。まあ、今日ぐらいはいいでしょ!今度いつ会えるかわからんのやし。」
などと会話しながら午前中はのんびり洗濯が終わるのを待ちながら、お互いの身の上話などして過ごします。結構いろいろあんのね、黒ちゃんも。ふんふん。
お昼に昨日夜ご飯を食べた「ひろめ市場」というご飯屋さんがたくさん集まった場所に行き定食を食べ、高知城へ!
後ろにかすかに高知城。
門の前で記念写真。
天守閣の方へ登って行くと、ハトのエサというのが売ってるね。50円?ふーーん、やってみようかな。



お…!
おまえらっ!野獣かっっ!
こわっ!いてー!オレがいてー!ツメがいてーっ!!
…あっという間になくなった…二度とやるか。いてー。

天守閣。てっぺんから高知市を眺める。
高知城はそんなに大きなお城ではないけど、今までで1番好き。昔のままの自然な雰囲気がいいっス(1749年に建てられた状態で今も残っているらしいっス)。

さてと、もっかいハトに豆やるか。
おー、来た来た。
ぅおぅ。
楽しい。
…もうなくなってもーた…
……
まだやりてーな。

まー、次行きますか。高知市は坂本龍馬が生まれた町ということで「龍馬の生まれたまち記念館」へ。
思ったより立派な記念館。
龍馬の銅像と記念写真。
記念館の人が一緒に解説して回ってくれた。なんでも龍馬と同じ背丈・体重の人は、現代では野田首相だとか……
うーん、、、なんか、イメージと違うぜよ。。。
でも、写真で見るともっとスリムだから、きっと何かの間違いぜよっ。
購入。
龍馬の本がたくさんあったけど、読みやすくて分かりやすそうなこの本を購入。龍馬を中心に時代背景などの情報も載っていて面白そう!早く読みたい!

おばちゃん…ホントに魅力的な人やった!!!
そしてまた「ひろめ市場」に戻ってきました。3回目やね…2日で。
ひろめ市場。色んなお店がひしめくご飯どころ。(朝8時から夜11時までずーっとやってるっぽい)
昨日と同じお店にまたやってきました。ここのカツオが半端なくおいしい!お店のおばちゃんと仲良くなって、みんなで楽しい時間を過ごしました。
いっぱいお店があるけど、このお店イチ押し!!!ホントに!!もう……くっ。。。。。高知来て良かったぜよ!こんな美味いカツオ食ったん初めてや。カツオってこんななん?カツオさんにゴメンなさい…カツオ様あなどってゴメンなさい……もぅ…ホントにカツオ殿おいしくてありがとう。またいつかこのカツオ君を食べに来るんじゃき!!!





今日のぷる男度。
自転車に乗ってない。やっぱり昨日おとついの峠越えで筋肉痛ぜよ。

「四国カルスト!標高1455mへ!」高知県高知市 ホテルサンアトラスにて

(黒ちゃんと飲んでいた。内容は11月20日分)

寒くて寝れませんでした…

雪がね、あるんっスよ。。ヒートテック着てダウンも着てフードもかぶって寝袋に入ってもブルブル震えて結局朝までほとんど眠れませんでした。幸い朝から快晴でおてんと様がテント内を暖めてくれたので、そのあと2時間ほど眠りました。
ちょっと出発は遅くなったけど寝れないよりはいいだろ~、と自転車に乗ると、、
…パンクしてる。。
ほぅ。そいえばこないだ空気入れる時、栓のトコ曲げちゃったんだっけ…多分そのせいやな。。
パンク修理のついでにタイヤを見ると、あちこちにかなりでっかい亀裂が!
うーん、修理ついでにタイヤも予備のに変えとくか。パンクしてない前輪のタイヤも見てみるとかなり亀裂が…タイヤ買っとかないとちょっと怖いなあ。。
ヴィットリアのザフィーロ。初めて使うタイヤです。いい感じっス。

そんなこんなで出発はすでに11時。
四国カルストとやらを見に行くぞ~!!(カルストとは!雨水や地下水によって溶食された石灰地特有の地形のことを言うんだそうです。なんにも知らずに上ってきた。何となく高い所にある高原かなーくらいにしか思ってなかった。。)
正直こんなにすごいと思ってなかった!!!!!めちゃくちゃ気持ちいい!すごい……!
今日も1450mくらいまで引き続き上るんですが(やっぱり今日も10%前後の上りがわんさか出てくる。)坂のツラさを忘れるぐらい気持ちいい!!しかもちょっと進んでは写真を撮り、ちょっと進んでは写真を撮りで全然進まない。。。(100枚以上撮ってた。)
開放感溢れる道のり!
奇っ怪な岩がゴロゴロしてる。
ススキも多い。
寒いので葉っぱは全て枯れ落ちている。
とにかく広い!
風景を見ながらゆっくり上り、

姫鶴平へ!ここで標高1310m!よーきたなー。
そしてそのまま最高峰の五段高原へ!よいしょーっ!
ここが1番高いトコ!!標高1455m!!!上ったぞーーーーーっ!

いやー気持ちよかったーー。

その後、1450m下り……モーーっレツに寒い。冬装備でもガチガチぶるぶる震えながら延々下る。ブレーキの指の握力がもたん!指がぷるってる。

下った後、?また峠!?標高750m。結構きついなー。と上ってまたくだり。
??もう1個ある。。。標高610m。ふおー、これも結構きついぜ??よーのぼんなあ。でも、まだ上れそう。な気がする。気がするだけかしら。峠ってアドレナリン出てる感じするからなあ。明日んなったら壮絶な筋肉痛になってたりして。。

結局四国カルストで浮かれ過ぎて日暮れまでに目的地の高知市に着かず、最後は少し暗い中を走り高知に到着!
そして北海道で一緒に走った黒ちゃんと合流!!!
ちょっとゼータクしてます、、カンパーイっ!!久しぶり!とりあえずお互いここまで無事で良かったよ!
明日も高知市で黒ちゃんと行動する予定っス。




今日のぷる男度。
きつい!けど楽しいっ!1450m登りきったぞーっ!!

大野原トイレ横→県道383→地方道48→国道439→地方道18→国道33→高知市。

今日の走行距離 103km
総走行距離 7847km

「峠いってみよー!」高知県大野原 トイレの横にて

(電波がなく更新できなかったため内容は11月19日分)

道の駅・伊方きらら館にて起床。
道の駅の人が来ると気まずいので、日の出と共に全力で片付け!

とりあえず佐田岬の根元あたりにある八幡浜に向かいます。が、実はルートをまだ決めてませんでした。海岸沿いに来た道を戻ろうかと思ってましたが、八幡浜に到着して地図を眺めていると、黒ちゃんと合流するかもしれない高知市に抜ける峠道を発見!距離的にもなんとかなりそう。峠かー、、なんか、、、楽しそうっ!!なんかワクワクしてきた。地図にも四国カルストとか、よく分からんけど観光に良さそうなものがあるようなコトも書いてあるし!よしっ!いざっ、峠へ!!
こいつらみんな登ったるぞー!
山の方に自転車を走らせ、

上り始めます。
トンネル多い。
国道197はトンネルがすごく多いです。でも全部歩道がしっかりついていて走りやすかったっス。
ちょっと休憩。
だんだんと山に入っていき、



紅葉や風景を撮りつつ上って行くうちに、どこまで登るのか地図を見ていると。
?……1000m??1番高い所で1450m。。……ほぅ…知らんかった(ホントに知らなかった。500mくらいの峠が何個かあるぐらいかなと思ってた。)。。こないだの阿蘇市が600mとかそんなでしょ。んー…
っでもなんか楽しそう!!!今なら登れそうな気ぃするしっっ!!なんかもっとワクワクしてきた!!!
地図で上り区間の距離を計ると短くみても30km。うち20kmは緩やかな上りが続き、後半10kmがえらいドギツイ坂がひしめいているような…
サイクリング気分でふんふんゆるやかな区間を走り終えると、龍馬さんが飲んだという湧き水が。
はーっ、男んなった!
ぷは!よしっ!フンドシしめなおして進むぜよっ!!キュッ、とね!
ここから予想通り、えーらいドギツイ坂がドンドコドンドコ出現!でも上れるぞー!うぉっふぉっふぉっふぉっ。楽しい~~!!上れるーー。息も上がらないー。10%の坂いけるぞいやー。うぉっふぉっふぉっふぉっ。
……しっかし、、長いな…ぃいやーー、いくらなんでも長過ぎやろ。10%がどこまでいっても終わらない。。上れないコトはないけど、、だんだんスタミナが削られていく。
肉食お。(最近食パンではなく肉を持ち歩いている。激しく追い込んでいる時は運動している最中に肉を食っておくと何故か回復がとっても早い。ホントに全然違う。後でたくさん肉を食うよりもこまめに肉を食っていく方が断然回復が早い気がする。)
肉とオニギリ1個を補給し再び上る!寒いっ!もーぷるってきたーー。でも地図ではあとちょっとでカルスト大地の西端にヒョコッと出るはず!
もう体に力が入りませーーん!
寒いし(標高1000mある。雪も道端にチラホラ…)。。
すると道が開けて、こんな場所に。
んー?
これがカルストなんかな?んー、、日が暮れてきたからなんだか不気味な印象が。。
まー、とりあえず寝床を、、、しかし山の上でだだっ広いので風が強いこと強いこと。テントはいくらでも張るトコあるけど、これじゃー飛ばされてしもーぞ。。バッサンバッサンなって絶対寝れない。…風を遮るもの、風を遮るもの、なんかないか……
あっ。
トイレある(観光者用のトイレがあった)。
この写真は朝。
と、いうわけでトイレの横にテントを張り就寝!!若干くさい。




今日のぷる男度。
登るのが好き。

道の駅・伊方きらら館→国道197→地方道32→地方道36→大野原。

今日の走行距離 92km
総走行距離 7744km

「四国再び」愛媛県伊方 道の駅伊方きらら館にて

お昼頃、大分県佐賀関からフェリーに乗り四国(佐田岬)へ戻ってきました!
もう寒過ぎて冬の日本海には行く気になんないっス。。前回の旅で北陸の方は回ったし(中国地方はカット)、太平洋側から東へ向かい、横浜に帰ります。北海道で一緒に走った黒ちゃんが四国の東側からこちらに向かっている様なので、僕もこのまま東に向かえばどこかで再会できそうっスね。


やっぱり今日も上って下りての繰り返し。日本はどこ行っても割とそーゆー地形なんやね、もうなんか、これが普通になってきた。
今日はフェリー乗っててそんなに距離走ってないし楽チン。

道の駅・伊方きらら館に4時頃到着。この先寝床になりそうな場所もない様なので、ここでテントを張るため日が暮れるのを待ちます。しかしその待ってる時間が寒い……道の駅の中に休憩できる場所もないし。外で本を読んで待っていても寒すぎてなかなか集中できんし…結局道の駅の周りをウロウロ散歩して体を暖めながら時間をつぶしてました。

そしてようやく日暮れ。
寒いなー、朝はもっと寒いんやろうなー。



大分市→国道197→佐賀関からフェリー→四国・佐田岬→国道197→道の駅・伊方きらら館

今日のぷる男度。
最近あんまり走ってないんで疲労ナシ。右肩の痛みも抜けてきた。

今日の走行距離 50km
総走行距離 7652km

「おならランド!」大分県大分市 豊の国健康ランドにて

仮眠室にテレビが付いててニュースとか見れる。今イスラエルの戦争のニュースやってるね。


おならの国、健康ランド。みんながブッブッブッブッおならをする(主におじさん。特に深夜にはおならといびきがサラウンドで響き渡る。どこの健康ランドに行っても大体そんな感じっス。)。有料ではあるが、その代わり雨・風・寒さをしのげる。冬に近づいてくるとそれでも選択するメリットは大きい。
しかしね、、、隣に来たおじさんがコチラにお尻を持ち上げて「ブッ!」とおならをした瞬間殺意が湧きました。
至近距離でおならし返してやろーかっこのやろーっ!?と思いましたが、、、おならにおならで返すのではココは無法地帯と化してしまう……もしコレが核爆発だったら、、、、、世界は滅んでしまうな。報復は報復を呼び争いは終わらない……ここは理性を保たねば。
と、思った瞬間後ろで「ブッ!」。しばらくすると遠くでも「ブッ!」。あっちでも「ブッ!」、こっちでも「ブッ!」。
健康ランドの仮眠室は全面戦争に突入したのでした。
まぁこんなもんか、今もイスラエルで戦争起こってるニュースやってるしな。しかし!どこかで歯止めをかけなければ……
などとおならを聞きながらニュース見てると、おなら=戦争問題という訳のわからない思考回路に(おならを核爆発に置き換えるとちょっと笑えるので自分の中で多少我慢ができる…気がする。)。

そう考えてる間にも爆発はそこかしこで続き、夜は更けていくのでした。
もーみんなおならし過ぎやっ!



今日のぷる男度。
目には目をっ!!深呼吸はしたくない。

「阿蘇、山の風景」大分県大分市 豊の島健康ランドにて

阿蘇山をある方向から見ると壮大な涅槃像(仏が横になっている姿。左側を頭にして仰向けに寝ている。)に見える。地元の人達はみんな知ってる有名スポットみたいっス。どんだけデカイ涅槃ねんて!?




(「水の溢れる町、阿蘇」から引き続き)
泊めていただいている誠太郎さんに車で阿蘇市をほぼ一周連れていってもらいました!!阿蘇の風景、すごいっス!!
もう11月なので山も草原も全て茶色でしたが、5月~7月の間は見渡す限りが緑になってホントに綺麗なんだとか!ぜひその時期に見て欲しいとのコトでした!いやーー、、、今でも衝撃な景色やけど……その時期に来たらホントに永住してしまうんじゃないかね。
阿蘇山。県外からキャンピングカーも来てるっス。
阿蘇山火口!活火山なので有毒ガスが出ていて風向きによって規制が入り、火口まで登れないコトがある。今回は完全規制で登れなかった。残念…
誠太郎さんが規制を管理してる人達と知り合いだったので、事務所のパソコンで一分毎に更新される火口を上空から見た管理画像は見せてもらった。
火口近くにある草千里という場所。乗馬コーナーもある。何この開放感、、もはや日本ではない。

阿蘇市はカルデラの中にあるので、360度見渡す限り山に囲まれていて、
今度は車でその取り囲んでいる山の上へ(外輪山というらしい)!
大分側の峠へ行くと、なんと!初雪っ!?11月半ばの九州で雪をさわるとは、、どおりで寒いわけや…

でも場所によってはまだ紅葉の残ってるトコもあった(熊本市とか標高の低い方に下りて行くとまだ葉っぱが残ってる)。
イチョウの絨毯。

真っ赤ねん。



車はやっぱすごい!一日で阿蘇周り切ってもーた…
阿蘇の夕陽。
そんなこんなで日が暮れ、このあと誠太郎さんと黒川温泉の「樹やしき」という温泉に入り(温泉いっぱいある。温泉巡りをしだしたら、たくさんありすぎてきっとエンドレスやね。)、完全脱力。。もはや抜け殻と化したのでした…



そしてあったかい布団で眠り(でも息は真っ白!起きたら外は霜で真っ白!ホントに阿蘇はもう冬!)今日は朝ご飯をいただいたあと誠太郎さんに車で、最初の峠を越えた道の駅まで自転車ごと送っていただきました。おかげで今日は大分市まで時間を気にせず快適に走れました!


今日のぷる男度。
誠太郎さんご夫妻っ、ほんっっとうにありがとうございました!楽しかったです!ご飯も美味しかったです!布団も気持ちよかったです!!

阿蘇市→国道57→県道631→地方道21→大分市。

今日の走行距離 73km
総走行距離 7602km

「水の溢れる町、阿蘇」熊本県阿蘇市 友人の親戚宅にて

阿蘇・数鹿流(すがる)の滝。



阿蘇。ここはまるで別の世界や。。。すごく、いい。いつか住んでみたい、とちょっと思った。
今まで旅をして観光地としての綺麗な場所はたくさん見ましたが、阿蘇のようにその風景と生活の場がこれだけ溶け込んでいる場所は初めてです。
これは巨大なカルデラの中に町があるという特殊な地形のためだと思うんですが、普通の住宅地のすぐ後ろに、あり得ない風景がどどーーーん、、と広がっていたりします。毎日が観光みたい…

もう一つ、僕がえらく気に入ったのは「水」です。阿蘇はとてもキレイな湧き水が豊富に湧き出ていて、そこかしこで体にも良く美味しい水が湧いていて、汲み放題です(!)。(なんと、水が豊富なため地区によっては水道代がタダの場所もあるとか…)ポリタンクで湧き水を汲んで使っている地元の方も多いようです。

阿蘇神社の近くの商店街では「水基巡りの道」という湧き水を辿っていく通りがありますが、その数がすごい。。

至る所で水がだだ流れ。
飲んでみると、、美味しい……ちょっととろみがあるような?まろやか。自販機もあったけど、必要ないような気がする。
水源もあちこちにたくさんあり、今お世話になっている誠太郎さんご家族も定期的にお気に入りの水源に行ってタンクに水を汲んでくるそうです。
白川水源。
う、美しすぎる…
明神水源。
清浄なる水っスね…
池山水源。
けっ、汚れた自分には直視できん…透き通りすぎや…
透明すぎて何が水中にあって何が水面にあるのかもーよくわかんないっス。
こういった綺麗な水が大量に湧き出ている(毎分何十トンと湧き出てるらしい)水源が阿蘇にはまだまだたくさんあるらしいっス。

自転車で旅をして、どれだけ水が大事かを身に染みて実感してきたので、阿蘇の水の綺麗さと豊富さにノックダウンです。
(「阿蘇、山の風景」へ続く)



今日のぷる男度。
水おいしい。
車で色々連れていってもらったので走ってない。

「は、ははっ、始めまして!」熊本県阿蘇市 友人の親戚宅にて

さっ、ささっ、寒いっ!!!
友人の親戚(誠太郎さん)宅におジャマするため、お住まいのある阿蘇市に向かいます。
阿蘇市は寒いとは聞いておりましたが、完全に冬っ!自転車で坂を上っているのに寒くて震える!?途中で冬用の防寒着を着込んでまた上ります。
上りがキツイとかどうとかより寒さの方がこたえる…後から聞いた話では札幌より阿蘇の方が寒い日もあるとか、、、11月にして氷点下になる日もあるらしいっ?!うひー、九州なんにここだけ別世界や!今日ちょっとみぞれ降ったし。
今日お日様少し出てるからまだいいけど、お日様出ないともっと寒そうやなー。
広い。
道も割と広い。
阿蘇駅。
坂自体はそこまでキツくなく、阿蘇駅に到着!(最大で8%ぐらいの勾配だった)
お世話になる友人の親戚宅は、ここから近いようなので電話を入れると、駅まで自転車で迎えに来てくれました(誠太郎さん!ありがとうございます!)!恐縮です…そして実は会うのは今日が初めて…ちょっと緊張。。話ではうかがっておりましたが。ど、どうも、始めましてっ!!三林と申します!


と、いうわけでご自宅前にて。
いやぁ、話しやすい人でよかった…夕方、ご近所の温泉に連れていってもらいました。
火山があるのでご近所に温泉もたくさんあるらしいです。自宅のお風呂より温泉に入りに行く方が多いそうで、実際温泉に入りに来てる人も地元の方が多いような。
今日は寒いので湯船の温泉がこれまた気持ちいいぃ。…ぅえーーーいぃぃぃ。…ふーーぅ。

ご自宅前からの夕陽もキレイなんス。

ご飯もいただき……ホント恐縮です。。と言いながらいっぱい食べた。
阿蘇は高菜が有名らしいっス、ご近所から採れた高菜を箱単位でもらうらしいっス。美味しい。ご飯にピッタリ。

阿蘇市はなんだか落ち着く風景がたくさん。

今日は布団があるよ。布団、いいよね、布団て、ホントにいいよねぇ。
あぁ…もう朝とか来なくていいかも…



今日のぷる男度。
最近ずっと上りで酷使したため、右肩関節痛し。

熊本市→国道57→阿蘇市。

今日の走行距離 48km
総走行距離 7529km

「夢の平坦コース!」熊本県熊本市 東横インにて

九州も色づき始めました。



地図では今日の目的地・佐賀市に向かうには最初に2つの峠を越えなければなりませんでした。しかし走ってみるとそんなにキツくなくサクっと通過。そのあとは一体いつぶりでしょう、平坦コースがずっと続き目的地の佐賀市に到着。
うーん……まだお昼になってない。。夜になるまでテントは張れないし。
んー、もうちょっと行くか。
というわけで先に進むことに。
しかし……楽チンやな……平坦てこんな楽なもんやったか。。
シャカシャカシャカシャカ。
シャカシャカシャカシャカ。
シャカシャカシャカシャカ。
楽しいんスよね。久しぶりの平坦コースが。完全ではないけど、体もいくらか回復してきてるし。
シャカシャカシャカシャカ。
シャカシャカシャカシャカ。
シャカシャカシャカシャカ。
結局気がつけば、明日到着予定だった熊本市まで来ておりました。
なんか、、、平坦ならまだ走れそう。


このあとは阿蘇を通って大分に抜ける予定なので(山ばかりで過酷な道のりと思われる)、その前に一旦体を回復させるため明日は休養、早く着いたし。歴史の本を読みあさりたいっス。

熊本市は都会っス。



今日のぷる男度。
天気も良くて平坦で、久しぶりの快適走行でした!

道の駅彼杵の荘→国道34→国道208→熊本市。

今日の走行距離 142km
総走行距離 7481km

「再生中。。。」長崎県東彼杵 道の駅彼杵の荘(の近くのとある場所)にて

どんより。
今日は一日雨が降ったりやんだり、グズグズした天気でした。風も強く走りやすいとは言えず、道のりもアップダウンきつし。
体は依然回復途中(昨日よりは随分よくなった)。
今日は少し距離短めっス。

うへ。
実は昨日この本を買って読み出したら止まらず、結局最後まで読んでしまった。戦前の日本のことって全くと言っていいほど知らなかったんで、かなり新鮮で面白かったっス(コンビニで売ってた)。
…旅とはあんま関係ないっスけど。


今日はミカンだらけ。この辺りはミカンが有名なようです。

もうちょっと早く撮れていればっ!!完璧なご降臨ショットが撮れたのに!くっ…
今日も小高い山を上ったり下りたりっスね。

そして今日の寝床。風がしのげる。



今日のぷる男度。
回復途中。

長崎市→国道206→国道207→地方道37→国道34→道の駅・彼杵の荘。

今日の走行距離 72km
総走行距離 7339km

「長崎市」長崎県長崎市 ホテルアマルフィ内の健康ランドにて

…体が重い。
昨日走ってる時からこうなるだろうとは思ってたけど。全身筋肉痛&壮絶な疲労感+眠気。
使い果たしちまったぜ………


とっ、いうわけで出発して早々長崎市に戻ってきたっス。今日はフラフラして危険と判断し自転車の走行はやめて、とりあえず原爆にちなんだ長崎市内の「平和公園」へ。

どどんと鎮座するシンボル像。左手は原爆を、右手は平和を、顔は慰霊を意味しているそうです。

被爆した刑務所の跡。今残っている原爆の跡というのはこれぐらいみたいっス(多分)。僕は戦争も原爆もなにも知らずに生きてきたし、痕跡ぐらいあるなら見ておいた方がいいかなと思い来てみましたが、うん…タダの瓦礫やな。。あんまり実感湧かない。

このあとどうしようと考えながら、公園のベンチで食パンをムシャムシャ食べていると、おじさんが話しかけてきました。

随所にこだわりのある自転車に乗ってる。風鈴が付いていて走っている間ずっとチリンチリン鳴ってる。もう1万km走ってらっしゃるとか。見るからに只者ではない空気を発している。
「私はねー、ルンペンなんですよルンペン。わかる?英語で言うとアウトオブワーク。」
んー、、要するに本職の方やろ?
元々は無線で海外の人と話す仕事をされていたらしく、会話に英語・スペイン語(エスパーニャ言うとったな)・ドイツ語など色んな言語を織り交ぜて話を続けます。
僕は心の中で「ルー大柴か?ルー大柴か??」と沸々湧いてくるツッコミを噛み殺しつつ食パンをかじり話を聞いてましたが、どう生活してるかを話すと共感できる所が多く(しかし本職の方の技は真似できない部分も多い…)、あるある話で結局30分くらい盛り上がりました(おじさんも人と話したかったっぽい)。ひとしきり話すと満足したのか、じゃっハバグッデイ!と言ってチリンチリン風鈴を鳴らしながら自転車で去って行きました。



んー、、原爆よりインパクトあったな。

(しかし最近のテレビの話とか政治の話とか、どっから情報持ってくるんやろ。情報通なんやよね。)


その後、長崎県立美術館へ。

面白そうな展示だったので見てきました。
これっスね。
北欧のデザインはやっぱり日本のデザインとは全く違っていて面白いっスね。
ムーミンの挿絵の原画も少しあった!
あと同時開催の森正洋さんのプロダクトデザインの展示も良かったっス。


そしてやっぱり体が重い…
今日はもう……ダウンします。




今日のぷる男度。
……。

今日の走行距離 23km
総走行距離 7267km

「人は優しく道は険しく!」長崎県長崎市 ホテルアマルフィ内の健康ランドにて

朝、天草の道端にて起床。すぐ横の道路を車が走っていてテントは丸見え…あからさまに怪しいのでササッとテントを畳んで6時半出発。(最近は日の出が6時くらい。夏は4時半に日ぃ出てたけどなー。)

波のない静かな風景を横目に見ながら走り、10時前に天草から島原半島に渡るフェリー乗り場に到着。

フェリー乗り場でチケットを買って(700円くらい)外の自転車の所に戻ると、地元のおじさんが話しかけてきました。「自転車で日本一周しとる人、初めて見たわ!」と自転車に興味津々の様子で10分程話していましたが、出港の時間になったので、自転車をフェリーに積んで客室に行くと、おじさんが「兄ちゃん!これ食って頑張って!」とミカンくれました。

天草でとれたミカンらしいです。
「せっかくだし、記念におじさんの写真撮らせてもらっていいですかっ??」と聞くと、「オ、オレは写真とかそういうの苦手やからいいよいいよっ」と後ずさりして向こうの席へと去って行ってしまいました…

島原半島・口之津にフェリーが着いて自転車と降りていくと、またまた別のおじさんに話しかけられ、おじさんも旅好きらしく旅トーク炸裂。九州にて正反対の北海道キャンプ場の話に花が咲きました。もー今日はおじさんにモテモテや。いつも書いとるけどホント九州の人はよー話しかけてくるなー。コミュニケーション豊かな土地やよなー(九州の中でもやっぱ場所によって違うけどなー、とおじさん談)。

ここから島原半島の海沿いに西の長崎へ向かいますが、、っやっぱり!今日もっ!上りっ!!キビシイっ!九州!体がっ!休まらないっ!
延々と繰り返される7%~10%のエンドレス小山上り。またいつものパターンやね。
上って、、

いい景色っ!!
そんでカーーっ!と下って、
ヨジヨジ上って、、、

絶っ景~~~っ!!

下りていくと途中、小浜という温泉街がありました。

街中の排水溝から湯気がもうもうと立ち昇り、硫黄の匂いがぷんぷんします。温泉街以外の何物でもないな。看板なくてもすぐわかるわ。
公園にも温泉が流れていて、無料の足湯があるっス。

僕はここで温泉入ってもまたドロッドロに汗かくんで、後ろ髪ひかれながらスルー。。坂が呼んでいるっ!!!

また坂との闘いに突入。この辺からリアルにキツくなり、余裕なくて写真ナシ。途中、勾配7%の標識があったので、自分の斜度計で確認してみると、ちょうど7%!意外と正確や…もっと誤差あるかと思ってた。じゃー、あの長い10%の坂も、、やっぱ10%やったんか。。よーのぼんな自分、前は上れんかった坂やから上れると嬉しい!あんなにキツかった坂がウソのようにスイスイ(スイスイって言ってもこの自転車では10kmくらいしか出ない……前よりは上れるようになったっス。)上れる!!

しかし道のりは険しく、当然脚はぷるっぷる。。限界まで追い込んで、なんとか長崎市に到着。地図に健康ランドが出てたのでそこに向かおうとそちらに目を向けると………………

何??まさか…あそこに行くわけじゃないよね……???
向こうの小高い山の上に街があり、どーーーも、地図を見ると…あの上やな。。
坂を上って行くと、、、15%あんぞこの坂……!最後の最後までやってくれんな。。。(結局最大勾配18%あった。)
上っていくと、人がみんな、え??何してんのあの人!?みたいな感じで見つめられる。。そりゃーこの荷物満載の自転車でこの坂を上れば、何してんの?って思うわな…いやー…どうもどうも。でも!ゆーーっくりなら全然上れるぞ!!自分でも最後にちょっとびっくり。
今なら箱根リベンジいけるかなー。
高台の上から、長崎市の夜景。



今日のぷる男度。
ぷる男ほぼMAX。明日の朝が恐い…

天草道端→地方道26→国道324→フェリーにて島原半島・口之津→国道251→県道201→国道251→国道34→長崎市。

今日の走行距離 115km
総走行距離 7244km

「天草」熊本県天草 下平の道端にて


今日も小高い山に上っては下りの繰り返し。

道の駅「黒之瀬戸だんだん市場」にて。

長島にて。

長島を北上し、フェリーにて天草へ。

30分ほど自転車とお別れ。

天草に上陸し、東の海岸沿いを北上。

これが東側のメインの通りっス。狭い…この通りをバスも運行していた…他に道がないので車の交通量もけっこう多い。恐い。。

自然たっぷり。

山の中を走っているあたりで日がくれてきたので、

道端に寝床をつくって寝る。
おやすみなさい。



天草にたくさん咲いていた花。夕陽も同じ色やった。




今日のぷる男度。
たまには平坦な道を走りたい。

川内橋→国道3→県道365→国道389→フェリー→牛深→国道266→地方道26→道端。

今日の走行距離 82km
総走行距離 7129km

「後半折り返し!」鹿児島県いちき串木野市 川内橋横の公園にて

いよいよ鹿児島市を出発し、後半折り返し!
今日は慣らしで60km目標。明日は80km。調子を見ながら徐々にエンジンかけてこ。

これからのルートは、いったん九州西の海っぺりを北上し長崎へ出て、佐賀、そしてグルっと熊本市へ南下(!!)。そして東の阿蘇山へと向かう予定っス。そこに友達の親戚がいらっしゃるので、そこで少しごやっかいになるつもりです。
その後は……どーしょっかな。そのまま東に抜けて大分に突っ切ってもいいかな。
で、四国に戻るか?下関から本州に戻るか?んん、、まあその時また考えよ。

今日は山!→海!→山!常に風!
鹿児島から小高い山々を突っ切って西の海に向かいます。途中、地元の気さくなおじさんと話し込み、すぐ近くに「チェスト館」という道の駅的な施設があると教えてもらったので、お腹もすいたし行ってみました。

手打ちそば。素朴なお味で美味しかったっス。
そして山を越え、海!

しっかし風が強いっス!強風っていうか、暴風っていうか。。風を遮るものがないから、服をバボバボさせながら進みます。さらに風を受けながら坂を上ります。海沿いなんスけど山なんスよね。
結構こういうパターン多いね。
で、上ればやっぱり景色は良い。
はー。いつものパターンや。
ほー。
いい景色を見て…
下り…

また上って…
ふぉー。
またいい景色!!
でまた下ってー、
おぉっ、オレの闘気が天を覆っている!
また上ってー。
我が人生に一片の悔いナシ!!
いい景色!
を、繰り返していると、

出会っちゃいました!なんと、徒歩で日本縦断中のお二人!!
北海道から出発して、ここ鹿児島まで徒歩で来たという……うぉー。トホダー(旅人はみんなトホダー言うね。)さんには何人か出会いましたが、日本縦断している方には初めて出会いました。しかし過酷な旅だと思うんですがお二人共優しいお人柄が滲み出ておりました。
美味しかったです!
みかん頂きました。僕も何か返せるものを一瞬ザーッと頭の中で考えたんですが、、なんも持ってなかった。。パスタとかマヨネーズぐらいしかなかったです…すんません。。美味しく頂きました、、みかんてこんなに美味かったっけ…甘い……
ありがとうございます!どーかっお気をつけて!

そしてまた山を上っていくと、
ホント気さくな方っス。
地元のおじさんに話しかけられ、また話し込み、結局30分くらい話してたよーな、、
地図を見ながら一緒に道のりを考えてくれたり、地元の話しをしてくれたり、
うまいっ!もう一本っ!
で、もらった。話しながらその場で即飲み干しました。これで明日はみなぎってもーな。

やっぱり、九州の人ってよく話しかけてくれるよなあ。お土地柄なんかも。




今日の寝床。トホダーお二人に教えてもらった公園にテントを張る。

今日のぷる男度。
後半折り返しまでのダメージがようやく回復傾向。

鹿児島市→県道206→国道3→地方道43→川内橋。

今日の走行距離 67km
総走行距離 7047km

「とまりぎ」鹿児島県屋久島 ライダーハウスとまりぎにて

(内容は11月5日分。)

ついついっ!ついついっ!…て言いながら気が付けば長期泊になる宿。




屋久島一周が終わり、夕方にライダーハウス「やどりぎ」へ戻ってきました。「やどりぎ」には結局4泊5日いることになりますが、来た時は2泊3日の予定でした。ここには今8人程宿泊してますが、みんな同じように予定より長く宿泊している人ばかりです。(今いる人の中では2週間が一番長いですが、中には何ヶ月もここで過ごす人もいるとか。噂では3年住んでた人も……でも、わかる気はします。)
ここにはテントを10張りほど張れるスペースがあり、テント(一泊800円)か屋内の素泊まり(一泊2000円)が選べます。
テントスペース。
こちらがライダーハウス。毎晩、宿泊者のたまり場と化します!

この宿の魅力を分析っ!!!
一つは、設備が整っていて非常に快適であること!(その上安いっ!)
炊事場。ウチの自宅よりよっぽど調理器具やお皿、調味料が揃ってます。みんないらなくなった食材や飲み物などを共用として置いていくので、色々使えて便利。
洗濯物を自由に干せる。洗濯機も自由に使える。
屋外の共用テーブル。みんな出かけない時はこの辺でウロウロしてる。
屋内のたまり場(?)スペース。夜とか寒いとみんなここに集まってくる。携帯もここで充電可。
漫画もめっちゃある。三国志とか長編ものを読み出せば、ジ・エンド。日中ずっとここで読みふけってしまうことに!?
あとライダーハウス内にあるお風呂にも入れます!
広場?
駐輪スペース。

っとまーーーぁ、とにかく快適なこの宿!その快適な設備を共用で使ってるうちに、自然と宿泊者同士、どんどん仲良くなっていきます。(来る前からココの噂は旅人から聞いてましたが、宿泊者が入れ替わっても大体いつもこんな感じのようです。)
夕方からみんなご飯を作りだし、
みんなお喋りしながら作る。
そして、気が付けばいつの間にかみんなで酒盛りにっ!!!(毎晩そんな感じやったなぁ。参加するしないはもちろん自由やけど、誰かしら飲んでるよね。)
ぷぷっ。
今回は男ばかりなので、どうしようもなくくだらない、お下劣なネタで大いに盛り上がり(面白すぎて動画も撮ったけどお下劣過ぎて載せられん……でも面白すぎて消せん)、なんとみんなで夜中の2時3時まで飲んでおりました。。(久々に飲んだ!大阪で幼なじみのまゆみちゃんと飲んで以来か。)
途中、流れで仙人が半年間伸ばしている大事な髭を染めるというイベントが勃発!
ビフォー。アフター。
衝撃画像やな、、、こりゃ…ヤバイって。。

でもやっぱりみんながこれだけ仲良くなるのは、間を繋ぐ「ねーさん」(名物女将)の存在があるからだと思います。……もう、オカン、だよな。
ねーさんはいつも僕らが帰ってくると「おかえり!」と言ってくれ、出かける時には「行ってらっしゃい!」と言ってくれます。…これって、旅人が一番欲してる言葉なんじゃないだろうか。。みんなとも話してたけど、「ただいまっ!」って帰る場所があって「おかえりっ!」って言ってくれる人がいるって、、、幸せや。想像だけでちょっとウルっとなるわ。

そんなこんなでお下劣会も終わり、朝になり、とまりぎともお別れっス。
記念写真。
最後に出発する面々で記念写真。(真ん中がねーさん)
んー、、オレの自転車、こんなに重かったっけかぁ…
久々のフル装備チャリでフラフラ出発する僕を、ずっと手を振りながら「また来てねえ!気ぃつけて行くんやよー!」と見送ってくれたねーさんと、みんなに感謝です。





今日のぷる男度。
引き続き、筋肉痛!
強烈やったなー、とまりぎ。さよーならー、とまりぎ。またねー、とまりぎ。ありがとー、ねーさん。

今日の走行距離 16km
総走行距離 6980km

「屋久島一周!」鹿児島県屋久島 ライダーハウスとまりぎ

(内容は11月4日分。)


屋久島には大きく色鮮やかな花々がいっぱい。

屋久島でのみ見られるという「サキシマフヨウ」。






鉛色。
夜中ものすごい雨の音に何度も叩き起こされましたが、朝起きると雨が上がっていました。いつ降るかわからないどんよりした曇り空でしたが、屋久島一周に出発!!
ライダーハウスから島の外周を時計回りに走り出し、右手には山、

左手には海が続きます。


屋久島ではポンカンとタンカンが有名なようで、たくさんなってますね。
あっちこっちに畑がある。冬には収穫のバイトもあるとか。
こんな施設も!


その向かいに「トローキの滝」に向かう入口があったので見に行ってみると、
うーん。
ちっちゃ!!てゆーか遠っ!

はあ、、、そーいえば風呂にしばらく入っとらんかったなぁ……と思いながら走っていると、道から400mの所に温泉があるという看板がっ!即決で横道に入り、温泉に。
「尾の間(おのあいだ)温泉」。

小さいシンプルな温泉。硫黄のかおりがぷわ~んとして、ちょっとぬるっとしたお湯で、なんか体に効きそう!入浴料200円と安いので地元の方が日常的に入りにきているみたいっス。

隣にある足湯はタダ。

ふぉー、さっぱりした。。。熱めのお湯が気持ちよかったー。
もう…………?一周しなくてもいいんじゃ??とか本気で思い始めると、

何かありますな。
自転車を置いて歩いて入って行くと、
うおー、、、
ポカーーーンとしてしまうほどデカイ。。「大川(おおこ)の滝」という落差88mの巨大滝!!

自転車用の靴は金具で滑るので、裸足になって滝壺の淵まで行くとしぶきが霧雨状になって飛んできます。

ここで30分くらい岩の上に座ってボケーッと滝を眺めてました。ここは観光バスのルートにも組み込まれているようで、入れ替わり立ち替わり人がやってきます。みんなこの滝の大きさに驚き、やっぱり岩に座ってボケーッと滝を眺めていきます。

温泉に入って滝を眺め、どっっぷりとホンワカモード。しかし、ここから道があれよあれよと過酷になり、、、
うひー。
延々と坂。山っス。かなりキツイっス。しかし上ればそこは絶景。
あの島なんやろ。
しばし海を見下ろしながら進んでいくと、
……なんかいっぱいおんね。
猿や…猿がいっぱいおんぞ。。
ウキ。
しっかしふてぶてしいやっちゃな~。全く退く気配ナシ。オレの後ろから車も一台来とるぞキミら。。ほのぼのと毛づくろいだかノミ取りだかやってる場合じゃねーぞ?
ほのぼの。
君、お尻丸見えやけど…
車は抜けれたんやろか、、その後後ろから一度も車に追い抜かれんかったけど。

その後は山を下りて、海を見ながら一周ゴール。

しかしお店がほとんどなく、お昼を持って出なかったので、結局お昼はゴール後3時頃にスーパーでお弁当を買って食べひと息つき、ライダーハウス「とまりぎ」へと戻りました。
このあと「とまりぎ」にて、盛大でお下劣な酒盛りへと突入するのでした。
(続く…)




今日のぷる男度。
山登りの筋肉痛が激しい…
自転車の荷物を外してテントに置いてきたので軽い!しかし屋久島一周の道のりはめっちゃ険しい!ほぼ100kmあるし。
途中レンタサイクルで島一周している女性1人とすれ違いましたが、、「楽しいサイクリングのハズが…………っっっっっ楽しくないじゃん!!」と、道のりの険しさに、こんなハズじゃなかったオーラをムンムンに発しながらすれ違って行きました。。。
海沿いだから平坦なるんるんサイクリングコースかと思いきや、ほとんどが上りか下りで、山岳と言っていいきつく長い上りもあるトラップコースっス!(でも景色は素晴らしいっス!)

今日の走行距離 98km
総走行距離 6964km

「屋久島・縄文杉」鹿児島県屋久島 ライダーハウスとまりぎにて

縄文杉の近くでこんにちは。鹿の休憩所なんかな。


朝3時に起きて支度をし、4時前にライダーハウスを出ます(行って帰るのに10時間かかると言われたので)。
今日の縄文杉を見に行くコースは、登山口までバスで行くんですが、そのバス停まで自転車で1時間。今日はお腹の調子が悪く途中2回トイレに寄ったら、狙っていたバスに乗り遅れ30分待ち。
すごい人。
真っ暗な中、バスに乗り切れないくらいの人が並んで待ってます。遠足みたいやなー。
登山口に到着すると暗い中登山開始。暗くて道がよくわからないので、有料ガイドさんのいるグループにさり気なくくっついて行きます。
まだ実際に使われているトロッコ道。
縄文杉までは、8割方このトロッコ道を歩いていきます。平坦で歩きやすく楽チンですがとにかく長い!淡々と進みます。
紅い葉っぱに埋もれるトロッコ道。
トンネル。
橋は踏み外すと危険!
橋の左右には巨石がゴロゴロ!右下の人のサイズに注意!
沢もたくさん。
道の脇は苔の壁。

そしてトロッコ道からいざ山道へ!
アスレチックみたい。
こういう整備された道もあれば、
道?
道が定かでない所もあります。いずれにしても、
リボンが印。
こういった道標があるので、このリボンを辿って行けば縄文杉まで行けます。


屋久島な風景爆発。

そしてウィルソン株という名所に到着。

実は中に入れる!
そして中から上を見上げると、
おお!
ハート。
なんかハートが多い。
石もハート。

そして大王杉へ。

デカイ。とにかくデカイ!

そしてお目当ての縄文杉!!
!!
やっぱりデカイ。とにかくデカイ!樹齢7000年とも言われる長老のお杉さん。標高1300mの地点にあるこの杉を見に今日はやってきました!こんちは!!!




今日のぷる男度。
山登りって楽しいな。壮絶に筋肉痛やけど…

今日の走行距離 46km
総走行距離 6866km

「屋久島・白谷雲水峡」鹿児島県屋久島 ライダーハウスとまりぎにて

頂上・太鼓岩から。


今日は山登りです!!一体歩きメインで動くのはいつぶりやろう。自転車で使う筋肉がダメージ受けてるから、違う筋肉使って運動するのもいいかな。と思ってプラプラ登ってきました(ほんとは最初に自転車で屋久島一周しようと思ってた)。
ライダーハウスのねーさんの話では「白谷雲水峡が1番初心者向けやから最初はここでえーんちゃうん?」(元は関西の人かしら?)ということで、ここに行くことにしましたが、往復4時間かかるとか。ほんとに初心者向けなん?そんなもん?4時間?

僕は靴がウィルソン2しかないんで、
ペタペタのスリッパみたいな靴。
ねーさんに「これで登れます?」と聞くと「まー登ってみてダメなら登山用の靴、レンタルで借りれば?」とのお言葉。よしっ、行くぞウィルソン2!

登山口。
登り口からして、もうすでに別世界やな。
山に入っていくと、
滝やー。
巨大な岩の下から滝が流れ出てる。
おー!杉や!屋久杉や!
この辺りから気になりだしましたが、、、人が多い。思ったより観光客いっぱいいるなー。もうちょっと静かな方が好きねんけどなー。
道も整備されてて割と歩きやすい。
こういうちょっと道のわかりづらい所もありますが、基本的にはある程度道が出来てて進みやすい。なるほど、初心者向けとはこういうことかな。
しっかしもー木なのか石なのか土なのかよくわかんないっス。一面コケで覆われて見渡す限りグリーン!
そういえばこの辺りはもののけ姫の舞台として参考にされているという話を聞きましたが、、、ほんとにそのまんまもののけ姫やっ!ししがみ様もおったよ。
鹿やね。お尻を向けておられる。
不思議な物体……これはなんやろぅ。
そして巨大な杉が、
どん!
どん!!
どどーん!!
いつもの風景とは別世界すぎる……

頂上に近づくと傾斜が急になるので、手も使って猿のように登っていくと、
頂上・太鼓岩。
太鼓岩に到着!太鼓岩の上に出た途端「うわぁ、、」と思わず声が出ます。太鼓岩は崖っぷちの先端にあり、絶景&絶叫。。綺麗っ!!やけど怖っ!!
確か標高は1000m軽く越えてたハズなんで、下を覗くと、、ドキドキする。

あとはだいたい来た道を戻るだけなんでちゃっちゃか下ってきましたー。そしてやっぱりこの靴じゃちょっとキツイんで帰りに登山靴レンタルしてきました。明日はこの靴で最も樹齢が長いと言われる縄文杉を見に朝4時出発で登山しに行ってきます!!


屋久島で仙人に出会った。400年くらい生きてるらしい。
仙人。



今日のぷる男度。
今日は自転車乗らずに山登りやっ!

今日の走行距離 26km
総走行距離 6820km

「屋久島へ!」鹿児島県屋久島 ライダーハウスとまりぎ

鹿児島を出発。桜島が見えるっス。
フェリーにて屋久島へ!



脚の回復を待ってから屋久島へ行こうと思っていましたが、思ったより痛みが長引いています。まだ右脚付け根の痛みがありますが、これ以上は日程を伸ばすと後が厳しくなるので、少し迷いましたが屋久島行きのフェリー乗り場へ!
寝坊したのでギリギリ!フェリーの外観撮れず!

中に入ると、
ホテル?
なんじゃこりゃっ!豪華!このフェリー、客室が3階まである上に、広い甲板にも出ることができます。
展望ラウンジ。自由に使えます。
ちっちゃい映画館!
コーヒーラウンジという名の休憩所。
一等客室。
二等客室。避難所みたいっスね。僕もここです。
お子様がいらっしゃる人用のキッズルームも。
売店。
こちらには個室が並んでおります。完全にホテルや。
本の貸し出し無料!
広い甲板!気持ちいい!
なんと、シャワーも浴びれる?!
と、まー、、なんとも豪華な船内の様子に1人きゃっきゃとしておりましたが(片道4時間で4000円くらい)
……けっこう揺れます。。今日は風が強いからか、鹿児島のおじさんにけっこう揺れるらしいよ、とは聞いてましたが…キツイ。。。
き、気持ち悪い……吐き気が、、そんなに乗り物酔いする方ではないけど、、ムリ。これじゃいくらフェリーが豪華でも意味ないっ、全く活用する気になれん!デッキに出て外の空気を吸って気を紛らわそうとしましたが、効果なし。もう眠るしかない!とジッと寝に入りました。
うぇっ…

気が付けば屋久島もすぐそこ。意外と爆睡してた。。
いやー、、、帰りも乗るんか…4時間。




今日はそのまま以前から行こうと思っていたライダーハウス「とまりぎ」へ。
テント泊1泊800円。先客が7人もいらっしゃる!今日はバイカーオンリー。。チャリダーおらんのか…ちょっと残念…
この宿は以前から旅人の噂でチラホラ聞いておりました。名物女将の「ねーさん」イメージどおりの人やなー。
泊まってる人と話すと大体の人が一週間以上この宿に滞在してるとのこと。
話した相手だけでも日本一周中が3人。うーん、、メンツが濃い。
なんとなくドラム館を思い出すなあ。



今日のぷる男度。
脚の痛みが抜けてないっス。。

今日の走行距離 17km
総走行距離 6794km
プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
好きなもの: ベビーカステラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
214位
アクセスランキングを見る>>