パイオニア パワーメーター組み付け (BB30)

【17日】
移動で、



実走 46km
TSS 106




納品して仕事が一段落。

帰って早速パイオニアの箱あける。
141217-03.jpg
うん。

141217-01.jpg
センサー込み重量。金属でできてるとは思えん。

141217-02.jpg
今コレ。

で、クランク引っこ抜いて、

141217-04.jpg
ベアリングは換えたばっかなのでそのまま。

組み付け自体は通常のシマノクランクと一緒。
ネタになるのはBB30にどうやってシマノクランク付けるか、ぐらいか。
今回は一番お手軽な、BB30のベアリングそのまま使って、シムかませてクランク通す方法で。

141217-07.jpg
ちょうどウチにスペシャライズドのフレームに標準でついてくるシマノ用シムが余ってたんで、コレで。

市販してるシムだと、この辺使ってる人が多いっぽい。

Wheels Manufacturing(ホイルマニュファクチャリング) SRAM/Truvativ BB30アダプター BB30-SRAM

(他に3通りぐらい方法あるけど、一番良さそうだなあと思ったのはトーケンのコレ↓
トーケン TK-BB30AR BB30/24mm
今回のシムでなんか問題あれば次回コレにしてみようかな。)

141217-09.jpg
パークツールの圧入工具で圧入。
PARKTOOL(パークツール) ホームメカニックヘッドワン圧入工具 HHP-3

141217-10.jpg
こんな。

あと、意外と情報ないのが、BB30からシムを外す方法。
いったんシム付けると、BB30のベアリング外す(たたき出す)工具が入らなくなるので、自分はコレ↓
141217-11.jpg

PARKTOOL(パークツール) BBベアリングツールセット BBT-90.3

あとは通常のクランク組み付け。

141217-12.jpg
よし。

最後にマニュアル見ながらメーターの設定してサイコンと同期させて完成。
クランクの角度を認識させるためのパッチ貼って、それをメーターに認識させる設定に少し時間かかるけど、マニュアルに従うだけだから、そんな問題なし。
あとはちゃんと作動するかどうか。。どうでしょ…


フレームと左クランクとのクリアランスはこんな(フレームはcannondale caad10)。

141217-13.jpg















今回、正直組み付けよりも掃除が大変だった…
141217-05.jpg
うわぁ……

141217-06.jpg
仕事で使う超音波洗浄機につっこんで根こそぎ汚れとって、乾かしてグリス塗り込んで。
ありえんぐらいシフトレバー軽くなった…


それから、実は今使ってるコンポ、10速の7900Duraっス。クランクだけ11速の9000Dura無理矢理ねじ込んだけど、ものすっごいなめらかにフロント変速する。オバタさん言ってた通り、全く問題ないっス。
それどろか今まで使ってた10速用のFSAクランクよりも圧倒的に変速がスムーズ。。
今さらながらシマノ純正の威力を思い知った…


















9000系Dura、揃えたらすごそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
好きなもの: ベビーカステラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
298位
アクセスランキングを見る>>