「それをサマーウォーズと呼ぶ」北海道稚内森林公園キャンプ場

昨日おとついと後半の40kmくらいになるとかなり膝が痛んだので、今日は昨日と同じ無料キャンプ場にテントを張ったまま、キャンプ場をプラプラしたり海辺へ行ったりしてリラックスして回復を待っています。
ただこのキャンプ場はかなり高台にあり、一度下りると戻るためには15%前後の長めの坂を登って帰らなければなりません。ヒルクライムに出ている人ならどれくらいの坂かわかると思いますが…しかしキャンプ場周辺には何もないため何か必要になると町に下りるしかありません。結局湿布と固定する包帯を買うため下りてきましたが、、まあ1kmあるかないかくらいの坂やしな、なんとかなるか。

旅も出発してから21日目。生活のほとんどはキャンプ場でテント生活です。
今は夏休みでキャンプシーズンまっさかり。どこのキャンプ場もかなり賑わっています。多いのはやはり家族連れ。
天井知らずの子供のテンション(特に男子)!とどまることをしりません。底のしれない精神力を爆発させます。ココはオレのフィールドだぜ!と言わんばかりに元気な声が峡谷に響きわたります。
それに対して高まり続ける親のイライラ!子供の爆発しちゃってるエネルギーに対してしかる親も爆発寸前です。ほっとくと怪我でもしそうやしな。そのエネルギーで何しだすかわからんもんなあ。どこのキャンプ場でもよく見る光景です。時に大噴火を起こしている親御さんもけっこういます(だいたいお父さん)。
僕はこの父子の戦いを「キャンプ場のサマーウォーズ」と呼ぶことにしました。
テントは音が筒抜けで、少し離れたテント内で小声で話していても内容が充分理解できるくらいなので、このサマーウォーズが始まると「おぉ始まったな」と思いつつ、正直落ち着けないので僕はだいたい買い物など外に出る用事を先に済まします。今日は2ヶ所で同時多発サマーウォーズ。
だいたい夜になると子供が遊び疲れてダウンして静かになるんでいいんですが、朝になるとまた復活します。
でも夜中のカブトムシ取りは子供に加えてお父さんも結構ヒートアップする(むしろお父さんの方がヒートアップしてることも多い)ので、その時はもう僕もあきらめます。
でも9月に入って、このキャンプ場の夏の風物詩がなくなると思うとちょっと淋しくなる気もするなぁ。。

今日ドラッグストアで安いイヤホンを売っていたので買ってケイタイに入れてあった音楽を聞いてみました。今までやったことない生活やったから久々に聞くとホント音楽に癒されるわー……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
好きなもの: ベビーカステラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
583位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
121位
アクセスランキングを見る>>