「ヘッドパーツ ベアリング交換(cadd10 1-1/8・1-1/4)」

【20日】
ヘッドパーツの動きが渋くなってたので、こないだバラして掃除したら、ベアリングがローラー練の汗で茶色くイっちゃってて。
注文したベアリング来たので交換。

 ※フレーム: cannondale cadd10
  ヘッドパーツ ベアリング規格: 1-1/8インチ(直径41.8mm)・1-1/4インチ(直径46.8mm)

160520-2.jpg
FSA TH-870 ・FSA TH-970。


ヘッドパーツは規格が色々あるし、表記がインチ表記だし。何が自分の自転車に会うのか分かりづらい。
おんなじ規格のベアリングに見えても、厚みや面取り角度が少し違うものがあったり。
cannondaleから、交換用のヘッドパーツのキットが出ているので、それが一番いいのかもしれないけど。なんと15,000円もする…
今回使ったFSAのベアリングは上下2点で3500円くらい。
上下別でも売ってるし、どっちか片方だけ問題あるなら、1個だけ買って2000円せずに直すことも可。


160520-3.jpg
シールドベアリングの外殻だけが、フレームに喰いついたまま取り残される。
このあと、鉄棒とプラハンで叩いてこじり出した。

160520-5.jpg
……。


錆の侵食で、手ではベアリングが外れなくなっていたので(圧入じゃないのに…)、逆側から細い鉄棒を当ててプラハンでゴンゴン叩いてちょっとずつこじり出したら、ベアリングの中も汗で錆が侵食してとんでもないことになってた。
フレーム側も表面がガビガビに錆がこびりついていて、ベアリングが手では入らなくなってるので、ヤスリで掃除。↓

160520-6.jpg


あとは、ベアリングはめて元どおりセットして。
自分はローラーが多いので、汗が入らないこと重視で、グリスたっぷり。


160520-7.jpg

160520-4.jpg

160520-1.jpg
ハンドリングめちゃくちゃ軽い……
ていうかこれが普通か。


上のベアリング形状が多少メーカーのと違うので、トップキャップとヘッドチューブが干渉してハンドルの動きが重くならないように、べアリングとコラムの間に入れるセンタリングワッシャー(コンプレッションリング。どっちが正式名称かはよく分からない。)の上にスペーサー挟んで、調整する必要あり。

FSA マイクロスペーサー 1-1/8用

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
好きなもの: ベビーカステラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
109位
アクセスランキングを見る>>