「健康ランド」兵庫県尼崎 あま湯ハウスにて

体の疲れが抜けてこないので昨日の健康ランドにもう一泊。

ちょぼちょぼ利用している健康ランド・もしくは健康センターという名前の施設ですが、僕は旅するまで存在を知りませんでした。簡単に言えば銭湯に休憩所や食堂などが付いた息抜き施設っスね。だいたいが大きな都市の郊外にポツンと存在します。中にある施設や建物の作りなどだいたい全国共通のようです(一階がどどーんとお風呂、二階が休憩所というのがほとんど)。24時間オープンで入館料が500円~1500円くらいと低料金(宿泊の場合は追加で深夜料金が必要。だいたい1000円~1500円くらい)なので、休憩所を宿泊施設として使う人も多いですね。安く泊まれる上にお風呂は使い放題で、他にもマッサージや食堂など色々な施設が入っていて便利です(お風呂と寝床以外使ったことないですけど)。そのため地元の方はもちろんですが、会社員の方が出張で使ったり、夏休みの学生がサークルの旅行で使用したりと、多種多様な人間模様となっております。

休憩所(リクライニングシート)。
このリクライニングに加えてだいたいどこの健康ランドもマット・毛布・枕のみの簡易的な雑魚寝式休憩所があります(扉を開けると暗い部屋でみんながコロコロころがっててぐーぐー寝てる。避難所っぽい。自分でマットを適当に敷いて寝る。)。
マッサージチェア。一回200円。高いから使ったことない。
ゲームコーナーもだいたいある。子供や学生さんがよくここで盛り上がってる。おじさんが黙々とスロットやってたりする。
自販機コーナー。ドリンクにアイスやカップラーメンの自販機も。
場所によっては本やマンガが置いてある健康ランドも。読みふけっちゃって逆に寝れなくなるパターンも…

ホテルや旅館よりもかなり安く、これだけ設備がととのっているのでイイコトづくめのようですが、問題はプライベート空間が一切ないことです。人によってはかなりストレスになるかもしれません。せっかくお金を払って入っても、周りにくるお客さんによってかなり不快な状況になる可能性もあります。入ってみないとわからないというスリルがありますね。僕はテントの方が気は楽かなあ。

あとはコインランドリーがあればなー……
コインランドリーのある健康ランドあんま見たことないなー。

あ、あとバッテリーの充電させてくれないトコ多いなー。使ってないコンセントは全部封印されてたり。トイレのコンセントで充電してたらお店の人に抜かれてたり……違法だけどね勝手に充電するの。。

自転車旅をしてる僕にどうしても必要な2点「洗濯」と「充電」ができないのなら、わざわざお金出して健康ランドに泊まんなくても、テント泊・銭湯でいいじゃん、と思ってしまいます。浮いた分をいつか宿に泊まる資金に回した方が…
でも大都市だとテントが張れないので、都会に来た時になるべく安く寝床を確保するために仕方なく、というネガティブな理由で利用するパターンが正直多い。。。
でも来るとお風呂も色んな種類があるし、設備も色々あって楽しいのでキャッキャしてます。

今日のぷる男度。
動いてないので調子がよくわからない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みばやし やすし

Author:みばやし やすし
さすらう、ころぶ、おきあがる。
好きなもの: ベビーカステラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぷる男カウンター
ぷる男カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
ぷる男ランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
298位
アクセスランキングを見る>>